ナラティヴセラピーワークショップ1日目

ニュージーランドで学ぶ ナラティヴセラピーワークショップ1日目が終了しました。
今日ニュージーランドに到着された方、特におつかれさまでした。チェックイン、顔合わせ、スーパーの確認と、希望者との晩御飯、が今日のメインの出来事でした。

顔合わせでは、みなさんがそれぞれの期待を持って参加されたことが感じられ、またそのあとの晩御飯ではまだお仕事モードだった方のお顔が緩んでいくところを見られて、私まで緩みました。
自分の好きに振る舞っていいんだという嬉しさだと思いました。日本から離れ、つまり仕事や家庭など、自分の役割を定めるものから離れ、浩さんも、それを促進するように語りかけたことで、好きにしていい場が与えられた嬉しさ。これが、今後どうなるか、楽しみです。
PAK’N SAVEスーパーマーケットでは、見慣れない商品パッケージの情報量に圧倒されるという方もいて、私がはじめて来たときと同じだなあと思いました。一目見てなにかわからないという物がたくさんあると、何が欲しいか判断をしにくくなる、という感じです。牛乳ひとつにしても、一見洗剤のようですし、「北海道の牛乳」とか見慣れたものはないけど、10種類はありますし。
また、初めてニュージーランドに来たという方の、チェックインや買い物のお手伝いして、自分はいつのまにかここに慣れていたんだなぁと、自分の成長を感じられた体験でもありました。いつのまにか、スーパーでの商品も見慣れ、陳列棚も覚え、お店の人の言っていることがわかるようになっていたんだなぁ。

明日は、Dr.Elmarie と Paul G Flanagan の「ナラティヴ・セラピーの概要」です。
また、レポートします。

0